児童生徒キャリア育成推進事業

 これまで本県では,「キャリア教育実践プロジェクト」や「地域産業の担い手育成プロジェクト」などの事業を推進してきました。また,平成17年度にはリーフレット『キャリア教育の推進に向けて』や,平成20年には教材『山梨に生きる』を作成し,学校・家庭・地域等の理解や普及に努めてきました。  今年度から本県では,『やまなしの教育振興プラン』に基づき,今後5年間の重点施策として「体系的なキャリア教育の推進」に努めています。具体的には,@体系的学習プログラムの開発と実践,A幼小中高連携による一貫した進路指導の推進,B職業教育・ものづくり教育の推進,Cキャリア教育に関する教員の指導力の向上,D企業や関係機関との連携などのキャリア教育の推進に取り組んでいます。

 情報の提供メニュー(クリックすると,PDFファイルが別ウインドウに表示されます。)

 

事業の概要について

小中高等学校キャリア教育アドバイザー(推進中核教員)養成研修

研修後に実施したアンケートの結果

『小中高等学校における体系的なキャリア教育推進の手引き』

児童生徒キャリア育成推進事業研究協力校の研究報告

○ 昭和町立押原小学校   PTA総会配布資料  キャリア教育に関するアンケート 

○ 昭和町立押原中学校   H22キャリア教育全体計画

○ 山梨県立甲府昭和高等学校

 

児童生徒キャリア教育育成推進事業

事業の概要

 

1趣旨

児童生徒が「生きる力」を身に付け,社会の激しい変化に流されることなく,社会人・職業人として自立していくことができるようにするため,これまで行われてきた小・中・高等学校の教育活動を,キャリア教育の視点から見直し,12年間を見通したキャリア教育の指導体制を整備する。

2事業実施期間
平成21〜23年度までの3か年とする。

3事業主体

山梨県教育委員会

4事業内容

平成21年度から3年間,小・中・高等学校の12年間における一貫したキャリア教育の推進体制の整備を図るため以下の事業に取り組む。

(1)小・中・高等学校キャリア教育推進会議

構成 ・学識経験者,経済団体・企業関係者,労働局代表,PTA協議会代表,学校関係者等

○推進会議の役割

  • 社会人・職業人として自立していくことができるようにするため,小・中・高等学校における一貫したキャリア教育の推進のための在り方の検討
  • 事業所や企業と連携した職場体験など啓発的体験活動の円滑な実施のための協議
  • 『小・中・高等学校における一貫したキャリア教育推進の手引き』の企画及び監修

 

(2)『小・中・高等学校における一貫したキャリア教育推進の手引き』の作成・発刊

 

○各小・中・高・特別支援学校でキャリア教育を推進するために必要な指針となる全体計画や年間指導計画および授業事例を載せた冊子を作成する。

○平成22年3月発刊国公私立小・中・高・特別支援学校に配布

 

(3)小・中・高等学校キャリア教育アドバイザー(推進中核教員)の養成

 

○各学校において教員のキャリア教育に関する理解や認識を高めるとともに,指導計画を作成する力や児童生徒を理解し,その変容を的確にとらえて発達を支援する「キャリア・カウンセリング」の能力をもった教員を育成する。
○講習期間:年度3日間

○全ての学校から本研修を受講する教員を選び,各年度その内の3分の1の人数を受講対象者とし,研修を実施する。平成21年度は113校より各1名が受講

 

(4)研究協力校の指定と調査研究の推進

○研究協力校

昭和町立押原小学校,昭和町立押原中学校,山梨県立甲府昭和高等学校

○主な研究課題
  • キャリア教育の視点で学校の教育活動を見直すとともに,小・中・高等学校における一貫したキャリア教育の全体計画や指導計画を作成し,体系的な指導体制を整備する。
  • 各校種における発達の段階に応じたキャリア教育の実践研究を行う。・家庭,地域,企業・経済団体や商工会などの関係諸機関と連携・協力した体験的学習の在り方の研究を行う。・研究成果等の普及・啓発

 

 山梨県教育委員会義務教育課