Chromeで閲覧の際に、アドレスバーに「保護されていません」と表示される場合がありますが、本サイトでは、個人情報の送信を求めることはありませんので、安全に閲覧できます。
トップページ画像
 
第12講話会
第12講話会
(1)日 時:平成30年12月26日(水)
(2)テーマ:「喫緊の教育課題・学力向上対策について」
(3)担 当:笹本忠彦 教育研究推進幹
(4)内 容
○学力向上対策について
(5)【留学生の一言】
〇学びと学びを繋げる力,学びと社会を繋げる力を養い,未来を担う子供たちを育てるべく,私自身も成果を焦らず弛まず学び続ける教師として,生徒の模範となる生き方ができる教師でありたいと強く思いました。今後も日々研鑽を重ねていきます。
〇学力向上対策は担当者の役割ではなく,全教職員が自覚して取り組むべきことである。国や県の方向性をしっかりととらえること,自分流で行っていた授業を見つめ直し「やまなしスタンダード」の7つの視点を再確認し,今後の授業に生かしていきたい。
 
 
第11講話会
第11講話会
(1)日 時:平成30年12月12日(水)
(2)テーマ:「感染症や食物アレルギーへの対応について」
(3)担 当:芦沢令子 指導主事
(4)内 容
○保健教育について
○感染症対応について
○食物アレルギー対応について
(5)【留学生の一言】
〇日常における児童生徒の健康観察は法令で定められており,教師が一人一人の生徒の観察を身体面だけではなく心理面についても丁寧に行わなければならないことを再確認できた。アレルギー対応は命に関わる事態もあるので常に訓練する必要がある。
〇養護教諭の先生がいかに細かな配慮のもと対応してくださっていたのか,改めて理解することができた。学校現場では保健教育の意義を伝え,全校体制で児童生徒の健康管理に取り組んでいきたい。
 
 
第10講話会
第10講話会
(1)日 時:平成30年11月16日(金)
(2)テーマ:「国語教育における『言語活動の充実』について」
(3)担 当:橘田 浩 指導主事
(4)内 容
○新学習指導要領における「言語活動の充実」について
○言語活動の演習について
○言語活動を充実させるためには
(5)【留学生の一言】
〇実際の演習を交えながら言語活動の充実のための方法論を学ぶことができました。子供たちに漢字の意味を話し合わせたり調べさせたりすることを通して,言葉がもつ意味を理解することの重要性を認識できました。
〇言語活動は国語科だけではなく,教科横断的に学校教育全体を通して行っていくものであり,総合的な学習の時間や学級活動などにも意識的に取り入れていけるようにしたいと思いました

 
第9回 講話会
第9回 講話会
(1)日 時:平成30年11月8日(木)
(2)テーマ:「いじめ予防と学級づくりについて」
(3)担 当:小野 圭 指導主事
(4)内 容
○いじめの定義について(いじめ防止対策推進法)
○いじめの対応について
○いじめの予防について
(5)【留学生の一言】
〇いじめが起こってしまった場合は被害生徒に担任は寄り添うこと,また加害生徒や見ている生徒への対応も必要であり教員が「チーム」として対応することの必要性を確認できました。
〇いじめの背景には様々な要因が絡み合っており,対応が困難な場合もあるが,全教職員と共通理解を図り,児童生徒を第一に考える存在でありたいと思いました。互いに尊重し合える人間関係をつくり,誰もが安心して過ごせるクラスを作りたい。


 
第8回 講話会
第8回 講話会
(1)日 時:平成30年11月2日(金)
(2)テーマ:「情報セキュリティおよび情報モラル・ネットトラブルへの対応について」
(3)担 当:齊藤和裕 指導主事
(4)内 容
○教職員の情報セキュリティについて
○児童生徒の情報モラル教育について
(5)【留学生の一言】
〇教育現場における情報セキュリティの必要性と重要性,危険性について改めて認識することができました。情報モラルについてはその便利さとともに,情報は世界に発信されているということを児童生徒にもしっかり伝えなければならない。
〇情報セキュリティの実態とその対策,情報モラル教育の関する実践事例を基に分かりやすくご講義いただきました。情報セキュリティに関する知識と情報モラルの両面から意識を高め,児童生徒にもしっかり伝えていきたいと思いました。



 
第7回 講話会
第7回 講話会
(1)日 時:平成30年10月25日(木)
(2)テーマ:「特別活動を生かしたクラスづくりについて」
(3)担 当:河西絵美 指導主事
(4)内 容
○特別活動の目標とその内容について
○学級活動の指導のポイントについて
○学級経営の実際について
(5)【留学生の一言】
〇特別活動では,話し合いを中心に据えた集団による目標決定,自己決定の大切さについて話していただきました。学級経営を確実にしていくために,今後活かしていきたいと思いました。
〇児童生徒の主体的な態度の育成,それに関わる教師の意図的計画的指導の重要性について学ぶことができました。また,学級経営を行っていくうえで,集団や個々の児童生徒の状況に応じて当初の計画を見直し,修正していくことの重要性も確認できました。


 
第6回 講話会
第6回 講話会
(1)日 時:平成30年7月19日(木)
(2)テーマ:「子どもの多様化に対応する教育相談理論」
(3)担 当:佐野和規 指導主事
(4)内 容
○問題を抱える子供を科学的効率的に指導する方法
○教師の子どもたちへの指導力を高める方法
○感情コントロール力をつける方法校務の情報化
○いじめ問題への対応
(5)【留学生の一言】
〇教育相談とは,問題行動の解決にあたるというイメージが強いが,それだけではなく人間関係の基本原則を使った生き方を支援するものであるという部分が心に残りました。応用行動分析等の手法もあるということを知り,知識を蓄えていくことが教師力を上げていくことになると思いました。
 
 
第5回 講話会
第5回 講話会
(1)日 時:平成30年7月3日(火)
(2)テーマ:「教育の情報化の推進について」
(3)担 当:饗場浩 指導主事
(4)内 容
○教育の情報化
○ICT環境整備状況と教員のICT活用指導力
○校務の情報化
(5)【留学生の一言】
〇情報教育を推進するにあたり,その目標や特性,有効性,実際の活用,課題の部分などについて資料を踏まえて教えていいただきました。今後の教育活動に有効に使えるようにICTをさらに学んでいきたい。
〇予測不能な変化が見込まれる時代の中で,生徒に情報活用の在り方を考えさせること,効果的な教育の手段の一つとしてICTを活用する重要性を感じた。情報の環境整備だけではなく,自身が情報管理の視点を持って職務に当たる責任を感じた。

 
第4回 講話会
第4回講話会
(1)日 時:平成30年5月24日(木)
(2)テーマ:「思考力・表現力の育成」のため-算数数学での実践例から-
(3)担 当:冨士池真一 指導主事 笠井さゆり 指導主事
(4)内 容
○新学習指導要領について
○教材研究について
○研究について
(5)【留学生の一言】
〇新学習指導要領で求められている学力,それに即して,どのように授業を変えていくべきかについて理解を深めることができました。
〇「研究について」では,主題・副主題の意味や,先行研究を知ることの大切さを話していただいたので,今後に生かしていきたいと思いました。
 
講話会(特別篇)
講話会 (特別篇)
(1)日 時:平成30年5月23日(水)
(2)テーマ:「人権教育」について
(3)担 当:山田睦子 指導主事
(4)内 容
○人権,および人権尊重の理念について
○人権教育の在り方について
(5)【留学生の一言】
〇大人と子供,教師と生徒であること以上に,一人の人と人だという視点で,どの子も例外なく大切にできるようにしていきたい。これは,教育の根底に常にあるものだと思います。
〇自分が大切にされることは即ち,他人を大切にすることにつながります。このような視点や意識をもって学校教育にあたりたいと思います。
 
 
第3回 講話会
第3回 講話会
(1)日 時:平成30年5月16日(水)
(2)テーマ:「特別支援教育」について
(3)担 当:荒川昌浩 指導主事
(4)内 容
○特別支援教育とは
○発達障害とは
○インクルーシブ教育システム構築について
○合理的配慮とは
(5)【留学生の一言】
○特別支援教育の考え方は,通常の学級においてこそ必要であること,その子は「困った子」ではなく「困っている子」であるという認識を,実体験を通して学ぶことができました。
○教師の捉え方を変えることで,支援体制を大きく変わってきます。教育を経験則だけに頼るのでなく,科学的に捉えていくことも必要なのではないかと強く感じました。
 
第2回 講話会
第2回 講話会
(1)日 時:平成30年4月27日(金)
(2)テーマ:「理数教育の充実」~科学技術系の人材育成~
(3)担 当:小俣義一 指導主事
(4)内 容
○なぜ,理数教育の充実が求められているのか
○具体的にどのように変わっていくべきか
(5)【留学生の一言】
○理数教育の充実に向け,どのように子供たちの意欲を高め,科学技術系
 人材を育成していけばよいか,興味深い内容の話を聞くことができました。
○理数離れが進む現状において,学習と社会を結び付ける重要性,学習が
 知識の蓄積で終わるのではなく,生きて働く知恵となっていくことが大切で
 あることを学びました。

   

 
第1回 講話会
第1回 講話会 
(1)日 時:平成30412()
(2)テーマ:学校における「言語活動の充実」について

(3)担 当:小林千由紀 指導主事
(4)内 容

 ○総合的な学習におけるポスターセッションについて

 ○学級活動におけるグループワークトレーニングについて
 ○道徳におけるロールプレイングについて
 ○学級活動におけるワールドカフェについて
(5)【留学生の一言】
 ○「言語活動の充実」について,具体的事例をもとにお話しいただいた。言語
  活動は,教育課程全体の中で取り入れていくことが必要であることを学ぶこ
  とができました。

 ○言語活動を充実させるためには,スモールステップで体験を積み重ねてい
  くことの重要性を知ることができました。

  

 
  
平成15年~28年度の一般留学生の研究報告書をご覧になれます。
●関連情報として国内留学生等の実践報告書をご覧になれます。

      
平成31年度の募集要項を公開しています。 

   
 
●平成29年度の様子はこちらからご覧になれます。
●平成26~28年度の様子はこちらからご覧になれます。

   
 
平成30年度 一般留学生 研究計画発表会

 7月6日(金)に,「一般留学生の研究計画について検討・協議することにより,研究の方向性をより確かなものにするとともに,全員の研鑽の場とする」ことを目的に,一般留学生研究計画発表会を開催いたしました。
 2名の一般留学生が全所員を前に,今後の研究計画等を説明し,多くの指導主事より指導助言をいただきました。
 
【留学生の一言】
〇検証方法,評価の仕方,教育課程への組み込みなど考えが至っていない部分もありさらに研究する必要がある。検証授業後の授業も大切であるという御意見もいただいたので,しっかり反映させていきたい。
〇何のためにどのような生徒の育成を目指すのか。そのためにはどのような考えに基づき、どのような手段を用いて実践へと落とし込んでいくのかをはっきりさせる必要がある。この研究が成果をあげ、広く現場で役立ててもらえるものになるよう、研究を深めていきたい。

 
平成30年度 第2回 一般留学生 教育課題研修会

 7月10日(火)に,第2回一般留学生教育課題研修会を開催いたしました。
 講師の小尾一仁次長から,「教育の今日的課題について~学力向上の取組~」と題して「山梨県の現状と課題」「実践校の取組」等について,御講話いただきました。


【留学生の一言】
〇学力学習調査の結果分析やスマホの使い方について,取り組み実践,勉強に対する意識の国際比較など多方面から「学力」についてお話しいただきました。教師の立場でも,親の立場でもスマホの管理については頭を悩ませるところがあります。「理解・納得・自己管理・自己肯定感」という部分に気づきがありました。
〇学力問題とその背景にある事象に焦点を当てて,お話しいただき大変興味深い内容でした。新学習指導要領や山梨県の学校教育指導重点が目指すものの背景を踏まえると,教員にできること,やらねばならないことはまだまだあります。現状を嘆くのではなく,成長した子供たちの姿をイメージし,ワクワクしながら教育活動に取り組んでいきたいと思いました。

 
平成30年度 第1回 一般留学生 教育課題研修会

 5月15日(火)に,第1回一般留学生教育課題研修会を開催いたしました。
 講師の斉木邦彦所長から、「教育課題への取組」と題して「教育の目的」「教育の危機」「子供の成長」「教師の成長」等について、御講話いただきました。
 

【留学生の一言】
〇教育とは何か,大切なことは何かという壮大な話の中に,法律上の位置付けや,家庭での話題,教室での心がけなど細かくて楽しい話もたくさんありました。受験生として法律を覚えていた時の事を思い出したり,さらには教員を目指すきっかけとなった先生との出会いを思い出したり,貴重な振り返りをする機会をいただきました。
〇教育の目的と現状、教師としてあるべき姿についてお話しをいただいた。教育の目的は、人格の完成を目指す。その目的に近づくためには、子供とともに教師自身が成長していくことが欠かせない要素となる。教師として、人として自分自身を成長させることの重要性を感じた。

 
平成30年度 一般留学生 研究主題 発表会
 4月26日(木)に,一般留学生研究主題発表会を開催いたしました。
 2名の一般留学生が全所員を前に,研究の主題や概要,主題設定の理由等を説明し,多くの指導主事より指導助言をいただきました。
 研究主題に基づいた研究がいよいよ始まります。研究の成果を,学校現場に還元できるように取り組んで参ります。
 
【留学生の一言】
〇入所してから,本日の研究主題発表会を迎えるまで,自分なりに調べ,考えたことを発表にまとめようとしたのですが,あれもこれもと迷走することもありました。伝えたいことは何かと自問しながら,まとめていき,良い経験になったと思います。今後は支援グループでのご意見や,協力員部会での話し合いの内容から,研究方法や検証方法について固めていきたいと思います。

〇先生方から「研究の方向性を絞り込むことの必要性」や、「研究を通して、どのような生徒の変容を目指す」のかというご意見をいただきました。研究に取り組む時間や、現場で生かしていくことを考えたときに、もっと研究内容を明確にする必要があるのではないかと感じました。
 
留学生の研究を支えるワーキンググループ

◎支援グループ研究会    
 一般留学生の研究に対して,本センター指導主事がグループをつくり,定期的に指導・助言を行っています。

◎研究協力員部会

 県下の現場の先生方に研究協力員になってもらい,年間6回程度の部会を行っています。

 

留学生のページ アクセスカウンタ

COUNTER12819
Copyright © 2011 Yamanashi Prefectural Education Center All Rights Reserved.