トップページ画像
 
平成29年度 山梨県総合教育センター研究紀要(概要)
MENU


研究紀要発刊に寄せて(小川所長)

研究の概要(森澤研究開発部部長)

◎先進プロジェクト研究   
  ●「主体的・対話的で深い学びに関する研究」 
   高等学校国語  高校国語科の「主体的・対話的で深い学び」に関する研究 
             -年間指導計画の有効性を高めて授業改善を図る-
   中学校音楽   音楽科における「主体的・対話的で深い学び」に関する研究
             -中学校音楽科「我が国の伝統的な歌唱」の授業の提案-

  ● 「外国語教育の充実に関する研究」 
   高等学校英語  異校種間連携を利用した英語指導について 
             -課外活動と授業での連携-
   小学校外国語  すべての教員に実施可能な「小学校外国語活動」学習指導案の研究 
             -外国語活動の現状を知り,更なる充実のための提案-
   中学校外国語  中学校外国語科における言語活動の指導について 
             -山梨県学力把握調査の分析を通して-
  ● 「情報教育に関する研究」
   高等学校家庭科  家庭科の実技指導における効果的なICT活用 
              -意欲を高め技能を伸ばすデジタル教材作成と授業展開の在り方-
   高等学校工業   工業高校における初等プログラム制御教育 
              -レゴ・マインドストームEV3を活用した授業の在り方-
   高等学校数学   ICTを用いた家庭学習との有機的な関連を図った授業の在り方 
              -デジタル教材を活用して主体的な学びの実現を図る-
   小学校      ICTを有効活用した主体的・対話的で深い学びの創造 
              -タブレット端末を有効活用した授業の在り方-
   中学校技術    中学校技術分野における「情報に関する技術」の充実に向けて 
              -Scratchを取り入れた授業の在り方-
  
  ● 「探究の時間・探究科目に関する研究」
   総合的な学習の時間  探究プロセスを意識した授業改善に関する研究 
                -高校の総合的な学習の時間における単元計画の作成-
   総合的な探求の時間  「総合的な探究の時間」に関する研究 
                -探究プロセス(課題設定 情報収集 整理・分析 まとめ・表現)を踏まえて-
   

◎教育実践研究

  
  ●
「確かな学力」育成に関する研究
   学校国語  家庭学習と授業を関連付ける単元構想の在り方 
            -山梨県学力把握調査における課題の克服をめざして-
   中学校数学  中学校数学科における統計教育の充実を目指して 
            -問題発見・解決の過程と資質・能力を育成する学びの過程を通して-
   中学校理科  中学校理科における確かな学力の育成を目指す授業づくり 
            -「学びに向かう力」を高めることを通して- 
   小学校理科  生徒実態から考える課題と授業改善プランの作成 
            -山梨県公立小中学校教育課程実施状況調査の分析と「やまなしスタンダード」の視点を通して-
   中学校社会  「やまなしスタンダード」に基づく学習指導の在り方 
            -山梨県公立小中学校教育課程実施状況調査の分析を通して-
  
  ● 「教育相談に関する研究」
     いじめに対する教師の意識に関する研究 
      -質問紙調査から分かる法の理解と対応の現状-                     
  
  ●「特別支援教育に関する研究」  
     学校における「合理的配慮の提供」の充実に関する研究(2年次)   
      -関係機関との連携と発達特性を踏まえた学習支援-         

◎適応指導教室事例研究
  ●「適応指導に関する研究」 
       適応指導教室の運営とその実践   
      -個に応じた支援と連携を目指して-       

◎一般留学生研究

  ●小学校国語  「主体的・対話的で深い学び」の実現を目指す国語科指導に関する研究 
            -「読むこと」領域における授業改善-  
       

あとがき(鈴木次長)
 
お問い合わせ
◎研究開発部 TEL 055-262-6180
 
Copyright © 2011 Yamanashi Prefectural Education Center All Rights Reserved.