お知らせ




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
  • H28.10 第18回研究大会
  • H28.7 第2回研修会(夏季研修会)
  • H28.6 第1回研修会
  • H28.6 第19回総会

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *







第18回山梨県公立小中学校事務研究大会(2016.10.27)
 山梨市民会館にて、第48回全国公立小中学校事務研究大会(山形大会)の県教委指名参加者3名による還流報告と、元甲州市役所総務課長の三森斉様を講師にお迎えし「実践的クレーム対応」について研修を行いました。
 還流報告では全大会、第5分科会、第7分科会について資料を用いりながら説明があり、全国の研究実践や当日の雰囲気が伝わってくる報告でした。

     

 後半は、以前から要望の多くあった「クレーム対応」について、三森様にお越しいただき研修を行いました。甲州市役所時代のご経験をもとに危機管理の基礎知識や公務員としての心構え、組織コンプライアンスについてお話をいただいた後、「電話のクレーム」について実際の場面を想定して対応法を教えていただきました。

     




第2回山梨県公立小中学校事務職員研究会研修会(夏季研修会)(2016.7.26)
 今年度の夏季研修会はアイメッセ山梨においてNHK放送研修センター日本語センター専門委員の風間雅章さんを講師に迎えコミュニケーション研修を行いました。
 コミュニケーションで大切なことは自分の話を相手に伝える力、人の話をしっかりと聴き取る力、この2つを身に付けることでコミュニケーションが活発になるとのことでした。また、教育現場で必要なコミュニケーション力・会議などでの提案の仕方など、明日から実践できることを具体的な例をあげて教えてくださいました。
 
   


第1回山梨県公立小中学校事務職員研究会研修会(2016.6.7)


 今年度も福利給与課及び共済組合から講師を招き、研修会が行われました。研修会への参加者は130名でした。
福利給与課からは、『最近の給与改定』『臨時教育職員の給与』についてのお話を伺いました。また、今年度から本格実施となる、人事評価の給与への反映についてのお話も伺うことができました。

 共済組合からは『傷病手当金について』のお話を伺いました。昨年度、標準報酬月額制が導入されたことにより、傷病手当金の算出方法が変更となりました。講師からは、制度上の変更点や事務処理上の変更点について詳しく説明をいただきました。制度が変更されてから間もないこともあり、参加者は熱心に話を聞いていました。
     



第19回山梨県公立小中学校事務職員研究会総会(2016.6.7)

 研修会終了後、第19回定期総会が開催されました。総会への参加者は96名でした。

 今総会には顧問の羽田芳朗先生も参加され、「来年、山事研は20周年です。ますます研究会を盛り立て、これからも自分の力量を高めるために頑張ってほしい。」とのお話をいただきました。
 また、総会では今年度の研究計画や、来年度、山梨県で開催される関ブロ大会についての確認が行われました。