お知らせ


* * * * * * * * * * * * * * * * * *
  • H29.10 第3回研修会
  • H29.7 第2回研修会(夏季研修会)
  • H29.6 第1回研修会
  • H29.6 第20回総会
* * * * * * * * * * * * * * * * * *






山梨県公立小中学校事務職員研究会第3回研修会(2017.10.26)

 県立文学館において、今年度3回目の研修会が行われました。前半は第49回全国公立小中学校事務研究大会(京都大会)の県教委指名参加者3名による還流報告が行われました。文科省行政説明・全体会・第4分科会(兵庫県実践発表)・第2分科会(大阪府実践発表)についてスライドや資料を用いて詳しく説明があり、当日の雰囲気が伝わってくる報告でした。また、この京都大会において大月東中学校の望月美代子先生が全国公立小中学校事務職員研究会より功労者表彰を受けられたこともあり、望月先生から山事研での取組みの成果や、これまでの事務職員としての歩みについてのお話を聞き、とても貴重な時間となりました。



 後半は、関東地区学校事務研究大会(山梨大会)にて山梨支部が担当する第1分科会で発表する「子どもの豊かな育ちを支援するすために ー 信頼される学校事務 スクールソムリエをめざして ー」の研究発表を行いました。助言者の山梨大学大学院平井喜美代教授からはスライドについて要点をまとめるとよりわかりやすくなるとアドバイスをいただき、1月の発表に向け取組むべき課題を見つけれた研修会にとなりました。





~詳細については後日発行される会報をご覧ください~

********************************************************
*********

第2回山梨県公立小中学校事務職員研究会研修会(夏季研修会)(2017.7.27)

 
今年度の夏季研修会は甲府市総合市民会館において、研修Ⅰ「人事評価制度と自己観察書」研修Ⅱ「グランドデザインについて」の2つについて研修会を行いました。
 研修Ⅰ:まず始めに山梨県教育委員会渡井渡教育監を講師にお迎えし、「人事評価制度」の概要や自己観察書に関する疑問点にお答えいただきました。またそのお話をもとに自己観察書の書き方についてもわかりやすくアドバイスをいただきました。昨年度から本実施となった制度であり、具体的な目標設定等不安に思っていた方も多く熱心に話を聞いていました。



 
研修Ⅱ:次に研究委員会からグランドデザインについての話がありました。2019年に新たなグランドデザインを策定するにあたり、今のグランドデザインについて会員全員で再確認し、次のステップに進めるよう、「スクールソムリエ」のことや、「今後求められる事務職員像について」などパワーポイント使いながら、わかりやすく説明がありました。


~詳細については後日発行される会報をご覧ください~

*************************************************************************************************************



第1回山梨県公立小中学校事務職員研究会研修会(2017.6.6)


 今年度も福利給与課及び共済組合から講師を招き、研修会が行われました。研修会への参加者は144名でした。
福利給与課からは「過年度処理等の諸手当認定事務における留意点」「個人型確定拠出年金に係るに事務処理」についてお話をしていただきました。
 共済組合からは「短期給付事務手続き」について様式の変更点や入力上の留意点等を記入例を用いりながら、分かりやすく説明していただき、実りある研修会となりました。



    



 
第1回研修会の後、第20回総会が開催されました。総会参加者116名・委任状41名での開催となりました。
 今総会には顧問の羽田芳朗先生、中村輝先生も参加してくださり、代表して羽田先生から「記念すべき20回の総会が開催されて嬉しく思います。今後も研究会がますます発展することを願っています」とお言葉をいただきました。
 また、総会では昨年度の研究内容の報告や今年度の事業計画について提案が行われました。




~詳細については後日発行される会報をご確認ください~