お知らせ


* * * * * * * * * * * * * * * * * *
  • H30.10 第20回研究大会
  • H30.7 第2回夏季研修会
  • H30.6 第1回研修会
  • H30.6 第21回総会
* * * * * * * * * * * * * * * * * *






第20回山梨県公立小中学校事務研究大会(H30.10.25)

 山梨英和大学にて20回目の研究大会が行われました。参加者は128名でした。まず甲府税務署 牧島典子 様を講師にお迎えし、年末調整の作業時を行う上でのポイントや今年度変更になった配偶者控除等について詳しく説明して頂きました。また第50回全国公立学校事務研究大会(千葉大会)の参加者による還流報告が行われました。


 
 そして、後半は県教育委員会義務教育課 堀内光 様より『事務職員関係の法改正について』と県教委での仕事内容等についてお話しをして頂きました。また研究発表として研究委員会から、夏に行った山事研意識調査アンケートについての結果がグラフを用いて示されました。さらに法改正を踏まえた改訂版グランドデザインの策定についてスライド等を使用して分かりやすく説明がありました。



~詳細については後日発行される会報をご確認ください~
******************************************


第2回山梨県公立学校事務職員研究会研修会(夏季研修会)

 今年度の夏季研修会は南部市民センターにおいて、3つの研修を行いました。
 午前中は研修Ⅰとして、「目指す事務職員像と今後の取組」について、富士川町立増穂小学校の中込司校長をお迎えし、昨年度の事務職員に関わる法改正や新たに発出された標準職務表を踏まえて、今後事務職員に期待することについてのお話しをしていただきました。また研修Ⅱとして、三枝亭次郎さんの一席「会話」を堪能し、短い時間でしたが、コミュニケーションについて考える良い時間となりました。



 午後は研修Ⅲとして、「私たちの未来・目指す事務職員像」について、全国公立小中学校事務職員研究会・研究開発部長前田雄仁様をお迎えし、全事研のグランドデザイン、またご自身の勤務されている埼玉県嵐山市の共同学校事務室の取組などについてお話をしていただきました。その後は5人づつの小グループに分かれ今日の話しを聞き、それぞれが思う「私たちの未来」についてワールドカフェ(グループ討議)を行いました。それぞれのグループが目指す事務職員像について、沢山の意見を出し合い、お互いの考えを深める有意義な機会となりました。




~詳細については後日発行される会報をご確認ください~


*******************************************


第1回山梨県公立小中学校事務職員研究会研修会(2018.6.14)


 今年度も福利給与課及び共済組合から講師を招き、研修会が行われました。研修会への参加者は137名でした。
 福利給与課からは「住居手当・通勤手当」について、手当認定における留意点をお話しいただいたり、事前の質問へ回答をしていただきました。今回の研修は世代交代が進む中、基礎・基本の手当について事務処理を確認することを目的として研修を行いました。
 共済組合からは「退職後の医療保険制度」「年金制度」についてお話しをしていただきました。退職後の保険制度については、任意継続組合員の資格や掛け金について、年金制度については厚生年金の概要や退職にかかる年金関係手続きについてなど詳しく説明をしていただき、実りある研修会となりました。





 
第1回研修会の後、第21回総会が開催され、昨年度の研究内容についての報告や、今年度の事業計画について提案が行われました。総会参加者114名・委任状52名での開催となりました。
 今総会には顧問の羽田芳朗先生が参加してくださりお話しをしていただきました。
 また、長年勤められた野田忠司会長、末木幹子副会長、堀内光幹事、田中明美会計が退任され、新たに志村秀樹会長、久保寺章夫副会長、原田沙也佳会計が就任されました。





~詳細については後日発行される会報をご確認ください~