[信玄,大井ヶ森を通って諏訪へ行く]


 1542(天文11)年,武田晴信(信玄)は諏訪盆地一帯を制圧しました。この後30年間にわたり信玄の信濃攻略が始まります。
 信濃攻略からの前半が諏訪方面,後半が北信濃(長野盆地)ですが,甲府から諏訪盆地に出るために使われた道は,どの道だったのでしょうか?


 その一つに,長坂町の大井ヶ森を通る道があります。この道は,『甲斐国志』でいう「中の棒道」にあたるものですが,実は,古代から諏訪方面に通じていた古道です。
 佐久往還から長坂の大井ヶ森に出る道には,2通りあります。信玄は,次の@Aのどちらかを通ったようです。
 (小田川〈韮崎市〉と若神子〈須玉町〉は,佐久往還〈今の国道141号線〉沿い。 若神子は信濃攻略の第1ベースキャンプ的存在でした。)

 @小田川 → 渋沢 → 鬼坂 → 建岡神社の西側 → 大井ヶ森

 A若神子 → 南新居 → 白井沢中村 → 白井沢菅沼 →大井ヶ森

 白井沢の中村・菅沼地区に,「機山公」と刻まれた江戸時代の石碑があります。機山とは信玄の別名です。白井沢村の人々にとり,信玄はなじみ深い存在だったことを物語っています。



 (ホームページへ戻る)