岩石を造っている鉱物の一つ「石英」が肉眼的な大きさに結晶すると、これを「水晶」という同じものなのに結晶すると別の名前がつくのは、水が結晶して雪や氷になるのと同じである。英語ではロック・クリスタルという。天然の水晶はほとんどは熱水によってできたと考えられている。だから水晶を作った熱水の残りが、晶洞の中にあることもある。水晶の内部に水が入っていることもある。その中にあわが入って
それが動く珍品もある。
 山梨県と長野県の境に金峰山(きんぷさん)がある。そこを越える登山ルートはシーズンともなるとけっこうにぎあう。そのルートの山梨県側に「水晶峠(すいしょうとうげ)」がある。昔は水晶産地として有名であった。この水晶峠から少し離れたところに「バッタリ鉱」というところがあり、ここも水晶産地として有名なところだ。また近くの「乙女鉱山(おとめこうざん)」も最近まで珪石を掘っていたところだが、以前は大きな水晶が良く出ていた。
 今ではどこの鉱山も大きな結晶のものは産出されないが、それでも根気よく探すと、水晶中には「草入り」・「マリモ入り」・「すすき入り」水晶といわれる電気石を主とする美しい包有物を含んだ水晶が見つけられる。
 



竹森産水晶

マリモ入り水晶

黒平産水晶(右端は両刀水晶)

乙女鉱山産水晶(手前は10円玉)


竹森産水晶(手前は10円玉)


モリブデン鉱が付着した水晶鉱


乙女鉱山産水晶(右は頂部、左はモリブデン鉱)


すすき入り水晶

県内の主な水晶産地

場所 鉱山名および鉱床のタイプ 水晶名(色による) その他の鉱物
甲府市黒平町 向山鉱山、鉱脈鉱床 透明度が高く美しい無色水晶・白色水晶・草入水晶 特になし
甲府市黒平町 黒平鉱山、ペグマタイト鉱床 無色水晶・白色水晶・草入水晶・煙入水晶 電気石
甲府市黒平町 水晶峠(バッタリ鉱山)、鉱脈鉱床 無色水晶・白色水晶・草入水晶・すすき入り水晶 特になし
東山梨郡牧丘町 乙女鉱山、鉱脈鉱床 透明度の高い無色水晶・白色水晶・松茸水晶 鉄重石・輝水鉛鉱
東山梨郡三富村 三富鉱山、鉱脈鉱床 白色水晶 黄銅鉱・閃亜鉛鉱
塩山市竹森 竹森鉱山、鉱脈鉱床 ほとんど草入水晶・白色水晶・無色水晶 石英脈



宝飾産業の歴史及び人工水晶・水晶加工について


地学散歩へ戻る

 ホームページへ