地方病とミヤイリ貝

田富町と川 田富町は山梨県を流れる2つの大きな川である釜無川と笛吹川の合流点の三角州 の上にひらかれた町です。古代の人たちが中道町や三珠町の丘から降り、笛吹の 河原の方に生活を移してきたものと思われます。 デルタ地帯にあるため、昔から田富町の歴史は水との戦いでした。 釜無、笛吹の二大河川ばかりでなく、幾筋にもなって流れる伏流湧水による湿地 帯で、幾たびも甲府盆地の水は田富町の合流地点に流れ込み、大雨のたびに上流 の土砂や立ち木と一緒に鉄砲水のように荒れ狂い、その度に村人たちがつくりあ げたものを押し流してしまいました。一度浸水した水はなかなか引かずさらに被 害をながびかせました。このような、浸水しやすい低地を”あわら”と呼ぶよう ですが、このあわらは臼井阿原という地名にも残っています。また、昭和町に河 東という地名がありますが、これは釜無川の東側という意味らしく、これからも 釜無川は田富町の中心を流れていた事もうかがえます。 このように釜無川は氾濫のたびに流れを変え甲府盆地一帯を荒らしていました。 武田信玄は年々繰り返される大被害を根絶するには釜無川を竜王町からまっすぐ 南へ流す必要があるという大計画を立てました。御勅使川が釜無川合流する地点 に、画期的な大工事をほどこすという事です。そこで考えられたのが甲州流水防 法による信玄堤です。 その特徴は「カスミ堤」です。 これは、堤防が長く一直線に連なる のではなく、独立した堤防が雁行 (雁が飛ぶ時の形)のような形で並 び洪水の時に上流の堤防にあたった 水がその最後の部分で次の堤防と重 なり合った部分を逆流して、その間 に入った水が遊び水になるために水 の勢いを弱くする事ができるという ものです。 田富町では、河西から山の神に至るもの、小井川(布施)の大西寺から西花輪に続くもの、 小井川の東部から東花輪の西宅地に続くものなど、すべて雁行形に堤防が築かれました。 これらは洪水の水の勢いを弱めて、従来の大被害を 防止する大きな役割を果たす事になりました。 以後もたびたびの大洪水に見舞われましたが、 村の人たちは水防に復旧作業にと地域ぐるみ、 村ぐるみで当たってきました。 山梨県の代表民謡「粘土節」は田富町一帯で歌い 継がれてきた釜無川の堤防を築く時の作業歌です。    「粘土 お高やんの碑」
臼井沼と宮入貝(ミヤイリガイ) 釜無川左岸の本堤は竜王を南下して臼井阿原まで続いています。その東に布施や 臼井を守るための堤防が南西に向かって走り、本堤との間に三角地帯を作ってい ます。この土手はいわゆるかすみ堤で、釜無川の洪水の時、この三角形の遊水地 に水がたまり、水の勢いをやわらげる役目をしました。そこに玉幡方面を源とす る常永川が流れこんで釜無川と合流しています。 「常永川 釜無川との合流直前地点」   「現在の臼井沼一帯」 釜無川の洪水によって運ばれた 砂礫はここにたまり、常永川の流れをはばみました。そうしてこの一帯の沼沢化 が進みました。これを臼井沼と呼びました。臼井とは薄井からきているという説 もあるように、ここにはアシなどの湿地の植物が茂り周囲にはススキなどが生え 、大草原をなして、鳥類の楽園として知られていました。 昭和の標識調査によれば、臼井沼を通過して 全国に分散するつばめは年間6万羽、その他ヨシキリ、 カワセミ、カイツブリ、オオジュリン、コサギなど の野鳥が生息していました。 しかし、臼井沼は地方病源の巣窟でもあったわけです。 地方病の原因となる日本住血吸虫(じゅうけつ きゅうちゅう)の中間宿主(ちゅうかんやどぬし) となる宮入貝(ミヤイリガイ)と、地方病に感染した 野ねずみがたくさんいたのでした。 「群生するアシの原」
地方病(日本住血吸虫病)の症状 地域の住民たちは、水害とともに地方病に悩まされてきました。昭和21年から昭 和37年までの田富町の病類別死亡者数調べによると、地方病による死亡者数が1 位で、2位の老衰による死亡者数の2倍近くの77人で、年齢も6歳から80歳までま んべんなくあります。高い熱を出したり、おなかに水がたまって膨れ上がったり して、ついには死んでしまうというおそろしいものでした。 詳しい病状は、 最初の段階は @はげしいかゆみなどの皮膚の炎症 A食欲減退(しょくよくげんたい) B頭痛 C発熱 D下痢(げり) 等が認められ、次の段階として E肝臓や脾臓(ひぞう)などの肥大 F肝萎縮や硬変、 Gお腹に水がたまってふくれ上がる腹水 等がみられます。こうなると、全身衰弱が極まり回復はきわめて困難でした。 水田で働く人だけでなく、牛や馬などの家畜も、この病気にかかって死んでいきました。 予防法もなく、半ばあきらめられていた地方病ですが、医者や研究者の熱心な研究調査 の成果の積み重ねによって病原虫が発見されました。 やがて、中間宿主も判明して、病原虫の生態も明確になっていったのです。 明治20年代、中巨摩郡西条村(現昭和町)の杉浦健造医師は八田村の小沢鹿十郎 医師と協力して地方病の究明に努力し、当時原因不明のこの病気を一種の「地方 病」であることを提唱しました。
ミヤイリ貝 その後、岡山大学の桂田富士郎博士と協力し、犬や猫の体の中から新しい虫を 発見しました。そして、この寄生虫を「日本住血吸虫」と命名しました。 この地方病は、日本では山梨をはじめ、広島、福岡、佐賀で多くみられました。 大正時代にはいって佐賀県において宮入慶之助博士らが中間宿主の巻貝を発見しました。 カワニナに似た米粒くらいの大きさの貝で、「宮入貝(ミヤイリガイ)」 と名づけられました。
日本住血吸虫の生態 感染した人間などからの糞便とともに排出された卵は、水の中でふ化かして幼虫 (ミラシジウム)となり水中を遊泳して宮入貝に侵入します。24時間以内に宮入貝 にはいらないものは死滅します。幼虫は宮入貝の中で3〜5ヶ月間成長し、セル カリアとなって水中にでます。一匹のミラシジウムから数百匹のセルカリアが生 まれます。そのセルカリアが水中を泳いでいる時に、田植えなどをしている人間 や、犬、牛、野ねずみの皮膚に吸着し、傷口などから体内に侵入します。 そして血管内に移り、肝臓などの内臓の静脈の中に寄生します。そこで栄養を 吸収し30日くらいで成虫になります。 やがてメスは体内で卵を産みます。約2000個を産卵して2〜3年で死滅します。 人間などの体内で、この虫や卵が血管につまったり刺激したりして病気を起こす わけです。 この卵が糞便と一緒に外に出て、再び幼虫になるということをくりかえします。 (セルカリアの大きさは、体長約0.3ミリ。成虫のオスは体長0.8センチから 1.9センチ、メスは2センチくらい)
地方病撲滅(ぼくめつ)運動 地方病は感染の早期発見と早期治療が大切で、検便などによる検査が行われまし た。また、予防については感染者や感染牛の便を水田などに入れないこと、野ね ずみを退治することなどがあげられました。しかし、宮入貝が地方病の手助けを していることが明らかになっているので、最も重要なのは宮入貝を絶滅すること でした。田富町でも青年団による採集や石灰散布をおこなって成果をあげました 。戦後は石灰チッソや殺貝剤をまいたり、火炎放射器によって焼く方法などによ り大きな効果をあげました。しかし、それだけでは完全には絶滅はできませんで した。そこで、宮入貝が住む灌漑排水路や水路をコンクリート化する計画が立て られました。昭和30年代には町の保健衛生費のほとんどが地方病予防費として 占められていました。 臼井沼においても臼井地区の住民たちによって野ねずみの毒殺法や宮入貝の焼却 の作業がおこなわれました。しかし、広大な沼においては目に見える効果は現れ ませんでした。そこで、地方病から住民を守るためには臼井沼を埋め立てるしか ないと、田富町地方病撲滅町民総決起大会で決議されました。一方、臼井沼の埋 め立てに対しては、野鳥保護団体などが、全国的にもまれにみる野鳥の楽園であ る臼井沼は保護するべきである、埋め立てなくても地方病は撲滅できると主張し 、この問題は県民の話題となりました。この問題は県議会に移り、ついに埋め立 てが決定しました。 長い間住民を苦しめた地方病も、今は終結宣言が出されています。
ホームページへ戻る