楽しくお酒とつきあうには・・・



   ◆楽しくお酒とつき合っていく秘訣!

              


     アルコールが血中から消失するまでには意外に多くの時間が必要となる。


      <体重60kgの人が30分以内で飲んだ場合>

          ・ビール1/3本  (ウイスキー1/3杯  日本酒0.3合・・・・1時間)

          ・ビール1本    (ウイスキー1杯     日本酒1.0合・・・・3時間)



     楽しいお酒も飲み過ぎればそれだけ長く体内にアルコールが残り、二日酔いなどの不快な症状を
     引き起こす。



     イッキ飲みな ど無茶飲みをすると、血中のアルコール濃度が急上昇し、
「急性アルコール中毒」になる。

     
自分の適量を知り、ゆっくりマイペースで飲むことが、楽しくお酒とつき合っていく秘訣となる。



   ◆食べながら飲もう!

      胃腸の壁、つまり粘膜の上に食物が付着して層を作り、この防御壁があるために胃を荒らすことが少なく、
      またアルコールの吸収もゆっくり進む。

      このことから、
お酒は食べながら飲むことをおすすめする。

      食べながら飲むと、お酒を口の運ぶ回数も減り、動作もゆっくりとなるので血液中のアルコール濃度が、
      いっぺんに高くなることがなくなる。また、飲み過ぎの予防にもつながるのです。


                          もどる