嫌煙権について


     

           嫌煙権って何・・・?

          最近は、だんだん禁煙にする場所が増えている。その大きな理由は、周囲の人に迷惑がかかったり、
          煙による害が及ぶためだ。

          その人たちが、
「NO!」といえる権利が「嫌煙権」だ。つまり、 「たばこの煙に汚されていない空気を吸う権利」。

          1980年に、JRの車両半分以上を禁煙車にするよう求めた訴えが
「嫌煙権裁判」、列車内における喫煙の禁止、と呼ばれ、
          それによって生まれた言葉。
          
<法律などで保障された権利ではない>



          嫌煙権を持ち出すと、必ず喫煙権は?となる。嫌煙権・喫煙権について考えてみよう。

          嫌煙権・喫煙権についておもしろいサイトがあったので、詳しくはそちらをご覧ください。


                        迷惑タバコ撲滅委員会



          詰まるところ、たばこを吸う人のマナーの問題といえるのではないか?

          そこで、これだけは覚えておき、実行していただきたい!

                 ・ 人前で吸うときは・・・・
「吸ってもいいですか?」と聞くことがルール。

                 ・ 聞かれた人は・・・・・・・
「ええ、どうぞ。」とか「吸わないでください。」とはっきり言おう。




         参考にして!  嫌煙権と喫煙権

                                 もどる