健康によくないたばこ
                      (喫煙にともなう病気)



        喫煙にともなう病気について考えてみよう。

    

        ほとんどの方が、肺癌と答えると思われる。口腔癌、喉頭癌、食道癌、胃癌など、多くの癌の発生する割合が
        高いと考えていい。


        では、癌だけかというと、実はそうではない。癌以外にも循環器疾患、呼吸器疾患、消化器疾患、精神疾患、
        産婦人科疾患、代謝疾患など身体のあらゆる部位の疾患に影響している。

        二コチンにより、心拍数の増加、血圧上昇、末梢血管の収縮などがおこり、循環器疾患の引き金になります。
        心筋梗塞などの虚血性心疾患発生率の研究では、1日20本をこえる喫煙者は非喫煙者に比べ3.2倍といわ
        れている。

        喫煙する妊婦は低体重児の出生、早産などの頻度が高いいわれている。

        また、喫煙は身体の免疫力を低下させ、老化を促進するといわれている。

        このほか、喫煙者は自覚していなくても、吐き気や咳、頭痛などの原因になってるし、それをより増悪させる
        働きもある。



           
・ 癌・・・・・・・・・・・・・・・・・喉頭癌,肺癌,食道癌など。

           ・ 呼吸器疾患・・・・・・・・・・肺気腫,慢性気管支炎,喘息など。

           ・ 循嫌器疾患・・・・・・・・・・狭心症,心筋梗塞,高血圧症,動脈硬化,末梢楯環不全など。

           ・ 消化器疾患・・・・・・・・・・胃・十二指腸潰瘍,逆流性食道炎など。

           ・ 精神疾患・・・・・・・・・・・・ニコチン依存症など。

           ・ 産婚人科疾患・・・・・・・・早産,流産,周産期死亡,先天奇形など。

           ・ 代謝疾患・・・・・・・・・・・・糖尿病骨粗鬆症など。

           ・ 神経疾患・・・・・・・・・・・・脳梗塞,脳萎縮,パーキンソン病,聴力障害など。

           ・ 歯料疾患・・・・・・・・・・・・歯周炎,ロ内炎,口臭など。



    

       喫煙と関連のある癌

        喫煙と癌の関連については、さまざまな研究が行われてきた。これらは、、世界各国で数多く報告されている。
        肺癌、食道癌、膵臓癌、口腔癌、中咽頭癌、下咽頭癌、喉頭癌、腎盂癌、尿管癌、膀胱癌については、
        喫煙との間に因果関係がある。
        これらの癌では、非喫煙者と比べた場合の喫煙者での癌の危険性は、2倍以上の数値を示していて、
        喫煙との因果関係の十分な根拠がある。

        たばこの煙の中には、約20種類の発がん物質が含まれていて、発がん物質の多くは、遺伝子の変異を引きおこす。
        喫煙者の肺癌患者さんの肺癌細胞には、変異が多く認められ、 喫煙者に生じた肺癌では、
        こうした遺伝子変異が非喫煙者の肺癌よりも多くみられ、悪性度が高いことが知られています。



    

        たばこの煙の急性的な影響としては、慢性気管支炎、肺気腫などの呼吸困難を伴なう。喫煙本数が増えれ
        ば増えるほど、咳、痰などの症状がでやすくなる。
こうした症状は、たばこの煙に含まれる窒素酸化物や
        アルデヒドなどのさまざまな刺激物質の慢性的な作用によるもの。


        戦後、日本において急速に死亡率が増加して間題となっているのが肺癌で、喫煙と最も関連の強い疾患
        考えられており、データ的にも喫煙と肺癌の関連性を示している。
        また、世界各国から受動喫煙による肺がんの死亡率が高く、家庭内はもとより職場や公共施設などにおける
        喫煙問題がクローズアップされている。


    

        肺から取り込まれた酸素は、血液中のへモグロピンと結びついて全身に運ばれる。たばこが燃えると必ず
        一酸化炭素が発生するが、この一酸化炭素はこの
ヘモグロビンとの結合が酸素よりも240倍も強いために、
        ヘモグロピンを先取りして
酸素の運搬を妨害し、全身的な酸素不足を起こす。ニコチンやタールはフィルター
        である程度除去できるが、一酸化炭索はどんなフィルターも通り抜けてしまう。

        喫煙直後の心臓や血管の変化を調べてみると、血圧は上昇する。心拍数も急激に上昇する。また、手足の
        皮膚温度は低下する。

        循環器の病気の中で、喫煙と最も関連が強いと考えられているのが、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患
        である。これは、心臓自身に血液を補給している冠動脈の内腔が狭窄(きょうさく)してしまうために起こるが、
        
喫煙習憤は動脈硬化を促進させ、血管を収縮させる。たばこの煙の有害物質のうち動脈硬化を起こす主犯は
        一酸化炭素である
と考えられている。

               3大危険因子

                  ・ 喫煙習慣

                  ・ 高コレステロール血症

                  ・ 高血圧


    消化器疾患

        たばこを吸うひとには、胸やけを訴える人が多い。
        胸やけが起こるのは、胃・食道の括約筋がゆるんで、酸性度の強い胃液が逆流するからである。

        胃粘膜には毛細血管がはりめぐらされており、この血流が障害を受けると胃潰瘍にかかりやすくなる。一服のたびに
        起こるこうした血行障害は、粘膜の防御力を抵下させて潰瘍をひきおこす。
 
        喫煙者は、消化性潰瘍にかかりやすく、喫煙本数が多いほど死亡率が高い。
        また、喫煙は消化性潰瘍の治療効果を低下させたり、再発を増加させたりする。


    

         ・産婚人科疾患としては、早産,流産,周産期死亡,先天奇形などが起こりやすくなる。

         ・代謝疾患にともない、糖尿病、骨粗鬆症などが起こりやすくなる。

         ・神経疾患としては、脳梗塞,脳萎縮,パーキンソン病,聴力障害などが起こりやすくなる。

         ・歯料疾患では、歯周炎(歯周病),ロ内炎,口臭などが起こりやすくなる。

         ・その他にも、免疫機能低下により、アレルギー性疾患をひきおこしたり、創傷が直りにくくなったりもする。
          また、低酸素による運動能力の低下、しわの増加など、運動や美容にも悪影響を及ぼす。




            いかがでしたか?

            たばこを吸う・吸わないはあなた自身の問題なのです!!  
どちらを選択しますか?



                                   もどる