未成年者喫煙禁止法


 

  未成年者喫煙禁止法

  明治33年〔1900年〕3月7日制定,同年4月1日施行2000年11月改正,2001年12月再改正
  
アンダーラインが衆参両議院で全会一致で採択され可決成立した改正点

    第一条   満二十年に至らざる者は煙草喫煙することを得ず
    第二条   前条に違反したる者あるときは行政の処分を以て喫煙の為に所持する
          煙草及び器具を没収す
    第三条   未成年者に対して親権を行う者情を知りてその喫煙を制止せざるときは
          科料に処す(科料の金額が削除された)
        二 親権を行う者に代わって未成年者を監督する者亦前項によりて処断す
    第四条   煙草又は器具を販売する者は満二十年に至らざる者の喫煙の防止に資す
          る為年齢の確認其の他の必要なる措置を講ずるものとす   (2001.12追加)

    第五条
   満二十年に至らざる者に其の自用に供するものなることを知りて煙草又
          は器具を販売したる者は五十万円以下の罰金に処す
    第六条
    法人の代表者又は法人若は人の代理人、使用人の其の他の従業員が其の法人又は
            人の業務に関し前条の違反行為を為したるときは行為者を罰するの他の其の法人又は
            人に対し同条の刑を科す                     (2000.11追加)


         第153回国会 衆議院本会議議録及び衆参内閣委員会議事録等を閲覧してみよう。
           国会の中でこのようなことが論議されて法律ができあがっていたんですね。・・・・・・・・・・
未成年者喫煙禁止法




                            もどる