【大同(だいどう)小学校・中学校】

 大同小学校は明治6年に黒沢(くろざわ)学校として創立されました。明治25年には町村合併に伴い黒沢尋常小学校から豊和(ほうわ)尋常小学校へと改称されました。昭和10年にはJR身延線黒沢踏切近くの現在地に校舎が新築され、昭和17年からは大同国民学校と改称されました。

 昭和31年には町村合併で、市川大門町立大同小学校に、さらに昭和44年には市川南小学校と改称され、昭和58年には黒沢地区宮の尾台に移転しました。

 大同中学校は昭和22年に大同村立大同中学校として大同小学校に併置して創立されました。
 昭和25年には独立校舎が建てられ、昭和44年には市川南中学校と改称されました。昭和59年には宮の尾台の小学校隣接地に移転しました。

 跡地の大部分には南興セラミック(株)の工場が、中学校の校舎跡地の一角には大同地区公民館や高齢者生産活動施設などが建てられています。公民館の入り口には小・中学校の閉校記念碑(すずかけの碑)が残されています。

 昭和10年に建てられた大同小の校舎
  …町制百周年記念「目で見る市川百年」
   (H12)より

 昭和10年の、豊和小(大同小)校舎落成記念
            …「目で見る市川百年」より

 上空から見た市川南小中(大同小中)(S56年)
  …市川南中学校創立50周年記念誌
    「50年のあゆみ」(H8)より

 校舎の取り壊し作業  …「50年のあゆみ」より

 校庭と校舎跡地の一部には南興セラミックの工場
  が建てられている

  校舎の跡地には、公民館や高齢者活動施設が
   建てられている

 公民館の前には、閉校記念碑:「すずかけの碑」
   が建てられている
    
     陸上競技会にて(昭和50年代)
           …「50年のあゆみ」より

 昭和37年に完成したプールにて
              …「50年のあゆみ」より

 プールは現在、排水処理施設の一部として利
  用されている

大同小学校校歌

1、甲斐盆地 広がる窓に         2、八つが根を 仰ぐひとみに
  語り合う 若いこの夢            青雲が 遠くたなびく
  国原に文化の花が              あの峰にかがやく雪が
  咲きみちて風香る日よ            理想の虹空に呼ぶ日よ
  ああ その日まで手に手をとって      ああ その日まで足並みそろえ
  ともにゆく大同小学生            今日もゆく大同小学生

3、富士川の 流れさやかに
  遠い日の 歴史を語る
  この歴史こえて新たな
  ふるさとを築く力よ
  ああ このちから肩くみあって
  とわにゆく大同小学生

大同中学校校歌     石原文雄 作詞     小池幸孝 作曲

1、甲斐の国原 うるほして  2、山ふところの 春秋に     3、岩のり越える 富士川の
  三川合わせ 富士川の     われらは伸びる すくすくと    りりしさおのが 身につけて
  はじまるあたり さわやかに  理想は高し 八ヶ岳         責任強く 手を組んで
  そびゆる 大同中学校     しのぐ 大同中学校        大同 大同中学校
 

廃校跡を訪ねてのトップページ市川大門町のトップページこのページのトップ