【六郷小学校岩下(いわした)分校】

 六郷小学校の岩下分校は、明治5年に岩下学校として創立されました。明治20年からは三沢(みさわ)尋常小学校の分校に、明治22年からは落居(おちい)尋常小学校の分校となり、明治42年には岩下集落の中央の現在地に校舎が建てられました。

 昭和30年からは町村合併により六郷小学校の分校になりましたが、昭和39年には閉校し本校の六郷小学校と統合しました。

 校地はそのまま残っていますが、校舎は取り壊され、岩下地区の公民館や防災倉庫が建てられています。校庭の隅には大正12年の頌顕碑が残り、岩下学校跡の碑が建てられています。

明治42年に建てられ、大正9年に増築された校舎
 …六郷小創立30周年記念誌「修徳ばし」
  (S59年)より

 校舎の正門と正面玄関 …「修徳ばし」より

 分校閉校時(S39年)の全児童・職員
                  …「修徳ばし」より

 跡地には地区の公民館が建てられている

 旧正門跡には頌顕碑が残り、岩下学校跡の碑が
  建てられている

廃校跡を訪ねてのトップページ六郷町のトップページこのページのトップ