【大同(だいどう)小学校釜田(かまた)分校】

 大同小学校釜田分校は明治8年に黒沢(くろざわ)学校大法(おおほう)分校として創立されました。明治13年には釜田分校と改称し、以降鹿島(かしま)分校と統合と分離を繰り返し、校舎の場所も何度か変更になりましたが、昭和31年に大木(おおき)地区の現在地に校舎が建てられました。

 昭和44年には、大同小学校釜田分校から市川南小学校南分校に改称され、平成14年は閉校して本校の市川南小学校と統合しました。
 
 跡地には、分校がそのまま姿で残っており、校門の近くには分校跡の碑が建てられています。

 建設中の釜田分校(S31年)
  …町制百周年記念「目で見る市川百年」
     (H12年)より           

  昭和31年に建てられた校舎

  釜田分教場卒業記念(S10年)
          …「目で見る市川百年」より 

 ピアノなども残り、すぐにも使えそうな教室

 掲示物もそのまま残っている廊下

 閉校式の様子を伝える平成14年3月の新聞
  が玄関に掲示されていた

 屋根には大正時代の校舎の鬼瓦が載っている

 校庭や正門もそのままの状態で残っている

  正門の近くには、「市川南小学校南分校跡」
  の碑が建てられている

 校舎南側には小さなプールも残っている

廃校跡を訪ねてのトップページ市川大門町のトップページこのページのトップ