所長あいさつ

 

山梨県総合教育センターのホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。

本センターは、昭和23年5月に山梨県立教育研修所として設立されて以来、70年以上にわたって、本県の教職員の研修、教育に関する調査・研究、教育相談・支援等、山梨県の教育力の向上に資する業務を推進してきました。

令和4年4月1日には、センター内に新たに「相談支援センター」を設立しました。様々な課題を抱えるすべての児童生徒が健やかに成長できるように、「教育相談」「特別支援教育」「教育支援」の3担当が専門性や支援の強みを多面的に連携することで、よりよい支援を行うことを目的としています。

センターでは、学校教育を支援する確かな情報発信源として、次の各項目を基本方針としております。

1 教育基本法、学校教育法、学習指導要領、教育公務員特例法等の法規に則り、「山梨県教育大綱(山梨県教育振興基本計画)」、及び「山梨県学校教育指導重点」等を踏まえ、「生きる力」を育む学校づくりの実現に向けて本県の学校教育の振興を図る。

2 「やまなし教員等育成指標」に基づく教職員の資質能力の向上、学校教育における課題解決に向け、関係機関との綿密な連携を図りながら、研修、研究、相談、開発及び普及啓発に関わる業務を推進し、本県の学校教育の振興と充実に寄与する。

3 教育資源の収集及び情報の発信など、教育ネットワークの拠点として学校の支援を図る。

 本県教育の充実と発展のため、本センターは、山梨教育の「知の拠点」としてシンクタンク機能を充実させるよう、関係教育機関との連携・協力を一層図りながら、所員一同、力を尽くしてまいる所存です。

今後も、皆様には、本センターを大いに活用していただくとともに、ホームページをご高覧いただきますよう、お願いいたします。

 

令和4年4月1日

山梨県総合教育センター

所長   篠 原  健

 

ブログ

山梨県総合教育センターのブログ

五年研 資質向上研修会(1日目)

 6月21日(木)に五年研 資質向上研修会を実施しました。本研修会は、若手教員としての役割と責務について理解を深め、世界に通じ社会を生き抜く力をもった児童生徒の育成方法や保護者への対応、教育相談の在り方について理解を深め、指導力の向上を図ることを目的としています。

 まず始めに、斉木邦彦 山梨県知事政策補佐官よりお話をいただきました。続いて相談支援センターの小山三枝子指導主事より「保護者対応」についてご講義をしていただきました。後半は、教育相談基礎演習として校種別のグループごとに事例検討や協議を行い、参加者が活発に意見交換を行う姿が見られました。

0

学校安全・危機管理研修会Ⅰ

 6月9日(木)に学校安全・危機管理研修会Ⅰが開催されました。

 前半は、中央研修を受講された特別支援教育・児童生徒支援課 原指導主事、富士北稜高校 五十嵐先生を講師に、学校安全に関する内容説明だけでなく、具体的な事例を通した講演をしていただきました。甲府気象台からは2名の講師をお招きし、大雨についておよび南海トラフ地震におけるメカニズムや南海トラフ地震関連解説情報とは何かなどを伺いました。

 後半は、高校教育課 大久保指導主事による学校防災タイムラインの作成と改訂の取り組みついて演習を行い、各学校の担当者がタイムラインを持ち寄り、課題などについてグループで討議を行いました。

 防災に関する知見については日々アップデートされており、最新の情報に触れる機会となりました。防災担当者同士で各学校の課題やそれに対する意見交換なども活発に行われました。

0

降籏教育次長によるICT活用についての研修会

 6月3日・10日の両日、教育委員会の降籏友宏教育次長が本センターを訪れ、今年度採用された先生方に「ICTを活用した教育について~新採用の先生方にお伝えしたいこと」と題した研修会が開催されました。講演では、学習指導要領においても、これからの更なる情報化社会を生き抜くためにも、情報活用能力の育成が求められていることについて、1人1台端末を活用した授業実践も踏まえた説明をしていただきました。

 また、6月3日には、義務教育課 古屋達朗指導主事からも「授業でのICT活用~リフォームではなく新築を~」と題したお話をいただき、「子どもたちが輝く授業を実践してほしい」との言葉に、参加した先生方は真剣に聞き入っていました。

0

人権教育研修会Ⅰ 学校における人権教育

 5月31日、学習院大学文学部教育学科 教授 梅野正信先生をお迎えし、人権教育研修会が開催されました。人権教育への関心の高さもあり150名近くの先生方が参加しました。梅野先生には、人権課題や人権教育の動向について丁寧に説明していただきました。また、他県の学校現場ではどのような人権教育の実践が行われているのか、具体的に教えていただきました。研修会の中で実施されたアクティビティでは、他の人との違いに気づき、他の人が大切にしているものを大切にするという思いを実感することができました。参加された先生方も、人権教育についての理解を深めていました。

0

道徳教育推進教師研修会

 令和4年5月24日(火)に,道徳教育推進教師研修会(道徳教育スキルアップ研修会)を実施しました。

 本年度は,小・中・特(小学部・中学部)と高・特(高等部)にわかれ,Teamsによるオンラインでの実施となりました。小・中・特は,東京学芸大学大学院 特任教授 永田繁雄先生に,高・特は,國學院大學 教授 澤田浩一先生にご講義をしていただきました。

 各校の道徳教育のさらなる推進が図られるよう,道徳教育や道徳教育推進教師としての役割について理解を深める機会となりました。

0

学校における教育活動と著作権研修会

 令和4年5月26日、講師に公益社団法人日本複製権センター 理事長 川瀬 真 先生をお迎えし、今年度新規の研修会が開催されました。現場や教育委員会の先生方50名ほどが参加しました。川瀬先生は、著作権に関する考え方から学校現場で先生方が気をつけなければいけないこと、また事前に受講者からいただいた質問まで、具体的な例を挙げながら丁寧に説明してくださいました。受講された先生方から、これまでの著作物の利用方法について見直す機会になったという感想を多くいただきました。

0

キャリア教育研修会

 令和4年5月26日(木)にキャリア教育研修会を実施しました。

 筑波大学 教授 藤田晃之氏を講師としてお招きし、キャリア教育の重要性、キャリアパスポートについての講義をしていただきました。現在の学習指導要領におけるキャリア教育の理念について、第一人者より直接伺うことができるまたとない機会となりました。

 実践事例など、わかりやすく紹介いただくとともに、最後に講義を踏まえ、各学校のキャリア教育の全体計画や年間指導計画をもとにグループ討議を行いました。各学校の目標をPDCAの視点から確認することで、改めてキャリア教育についての考え方を見直す機会となりました。

0

新特別支援教育コーディネーター研修会

 令和4年5月12日(木)にTeamsによるオンラインで新特別支援教育コーディネーター研修会を実施しました。本研修会は,初めて特別支援教育コーディネーターを務める先生方を対象に,コーディネーターとしての役割,校内支援体制づくりや連携・協働の在り方について理解を深めるために行われています。講師として,山梨県教育庁 特別支援教育・児童生徒支援課の上嶋宏樹指導主事をお招きし,「特別支援教育コーディネーターの役割」と題してご講義いただきました。事例検討の場面では,オンライン研修会の特性を生かし,各自の意見を自由にチャットに書き込んでいただくことで参加者は相互に理解を深め,実りある研修会となりました。

 

 

0

桃花台学園の生徒による清掃活動

 5月6日(金)、高等支援学校桃花台学園の環境メンテナンスコースに在籍する生徒12名、職員4名が清掃活動のために来所しました。本館、別館、情報教育棟の各研修室や廊下などを丁寧に清掃していただきました。生徒たちにとっては、学校で学んだことを実践できる良い機会であり、また人の役に立てたという達成感をもてる清掃だったようです。ありがとうございました。

  心を込めて、一生懸命に掃除をしました。

0

新研究主任研修会

 令和4年5月10日(火)に第1回新研究主任研修会を校種別に実施しました。

 小学校は、角田大輔先生(山梨大学大学院准教授)、中学校は、望月大先生(南部中学校)を講師としてお招きし、高校は、本センターの石原誠先生が講師を務めました。各校の校内研のさらなる推進が図られるよう、各先生方の実践に基づいた講義をいただきました。

 後半は、「校内研究を活性化するはどうすればよいか」をテーマにグループ討議を行いました。各校の校内研究を一層深めるため、意欲的に取り組む様子が各所に見られました。

0